福岡市博多区の塗料販売店です。家庭用塗料から特殊塗料まで、塗料のことならお任せください。

戸建て住宅塗装

外壁・屋根塗装と聞くと「外壁や屋根に色を塗る見た目を変えるだけの工事」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし外壁塗装は、見た目の改善だけでなく、外壁や屋根の機能を改善し、快適な住空間を維持するという住まいにとって大切なメンテナンス工事でもあるのです。永く住み続けるにはそれなりのメンテナンスが必要になってきます。
居心地の良い快適なお住まいにする為に、ご要望にあったご提案をさせて頂きます。

屋根塗装

紫外線や雨を直接受ける過酷な箇所で劣化が進みます。
塗装色の色褪せだけでなく屋根自体がひび割れていたり剥がれ落ちて欠損するケースもあります。
雨漏りの原因になり兼ねないので補修を施して塗装します。
紫外線に強い塗料や遮熱・断熱効果を持つ塗料の選定も可能です。

メーカーが出す塗装仕様に基づき確実に施工を行います。
超耐久フッ素樹脂塗装(期待耐用年数15~20年)など、ご要望に合わせてご提案いたします。
防水機能が失われる前に施工をオススメします。

予算に合わせて仕様を提案します。

 

コロニアル屋根塗装

タスペーサー工法

  • 屋根が重なっている部分にあえて隙間を作るためにタスペーサーを入れる工法です。これによって通気性を確保し雨水を排出します。
    また「毛細管現象」と言って水分が屋根の中に侵入し下地を傷める原因を取り除きます。
  • タスペーサー工法によって、屋根材の破損や塗料の再密着を防止することができます。

外壁塗装

外壁塗装工事では、劣化部分を補修し、新たな塗料を塗装することで、外壁から失われた保護機能を回復させることができます。
具体的には、まず高圧洗浄で汚れや藻やコケ・カビを落とし、下地処理でクラックの補修などを行ったのち、塗料を塗っていきます。

メーカーが出す塗装仕様に基づき確実に施工を行います。
超耐久フッ素樹脂塗装(期待耐用年数15~20年)など、ご要望に合わせてご提案いたします。
防水機能が失われる前の施工をオススメします。

予算に合わせて仕様を提案します。

コーキング補修

外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防するために必要な工程の一つです。
コーキング材は弾性があるため、外壁にコーキングをしておくことで、住宅が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。

コーキング補修は重要です。
せっかく塗装して外観はキレイに仕上がっても漏水しては意味がありません。
下地をしっかり整えて塗装する事が長持ちする秘訣なのです。

塗装前(築13年)

 

コーキング打ち
※期待耐用年数25年コーキング

 

外壁塗装後
上塗りフッ素塗料

部分補修塗装

玄関庇

 

細かい部分まで丁寧に仕上げ、お施主様に満足して頂けるように施工致します。
気になる部分だけでも塗装致します。
まずは錆びている金属パーツだけでも塗ってみませんか。

柵・門扉・サッシ

外から見えやすい部分ですので目立ちます。キレイに整っていればご自宅をさらに彩ります。
金属の素材によって適正な塗料を選定し、ご要望の色に塗り替えます。

柵の塗膜はがれ

 

補修後

門扉

防水塗装

基本的に防水塗装を施す屋上やベランダ、バルコニーといった場所は、「人が乗る」部分ですので、屋根のように勾配がつけられず、水が溜まりやすいのが特徴です。
防水塗装は、マンションやアパートに限らず、ベランダや一戸建ての屋上やバルコニーといった場所で必要になってくる塗装です。
放置し劣化が進むと漏水やカビの原因になります。
遮熱効果のある防水材もございます。

軒天

軒天(のきてん)とは、建物から伸びている、屋根の裏側部分のことです。軒裏とも言います。
軒裏材は、「火災時の延焼を防ぐ」という住宅にとって非常に重要な役割を担っています。そのため、より燃えにくい素材が多くなります。
木材系(合板・ベニヤ板)は、安価のため現在でも軒裏材として使用されることもありますが、耐火性の面では不燃材系(ケイカル板・スラグ石膏ボード・フレキシブルボード・金属板)が適しています。
現在では軒裏材として不燃材(ケイカル板や金属板など)が主流です。
用途にあった塗料を選定します。

 

ケイカル板軒天塗装

塀はブロックで積み上げているケースが多く、雨の影響を受けやすく、また地面からは湿気を取り込みやすい箇所になります。
塗る前は大丈夫であっても(膨れていなくても)新たに塗装し完了した後に、塀の中に溜まった湿気(水分)が太陽の日差しによって温められ、塗膜の膨れにつながります。
外部からの水はシャットアウトし内部の湿気は放出するという機能をもった『透湿性のいい塗料』を選択すると膨れの可能性は低くなります。

カラーシミュレーション

カラーシミュレーションは、基本的には専用ソフトを使って作成し、お施主様に提案をします。
パソコンに住宅の写真を取り込み、ソフトを使って外壁や屋根を複数のカラーパターンでシミュレーションします。

シミュレーション前

シミュレーション①

シミュレーション②

シミュレーション③

シミュレーション④

シミュレーション⑤

その他の塗装工事